目をきれいに保つ

マスカラをつける女性

悪しき習慣

顔は人の印象をつかさどる大切なパーツです。髪形など一つ一つの細かいパーツが少しでも変わるとがらっと印象は変わります。中でも目は大きく印象に関わり、大きな目や垂れ目かどうか、さらにはまつげが長いか短いかでも変わってきます。特に女性はまつげを長くする道具まであるくらい重要ですし、きれいなまつげの人は目を引きます。しかし、そういった道具を利用する際は気を付けなければ、まつげが抜ける原因となってしまいます。付けたまま寝る、目の化粧を落とす際にこすりすぎるなどすると、ダメージになります。他にも抜ける原因として、普段から少し目にものが入った感触があった時に、必要以上にこすりすぎる人などは、まつげが抜けるだけでなく、目そのものを傷つけることがあるので注意が必要です。

目のダメージを最小限に

まつげが抜ける原因は基本的に過剰な接触、こすりすぎでの圧力です。しかしメイクやアレルギーでかゆいというのはある程度仕方ない部分はあります。メイクでなくとも、今ではマツエクというメイクの負担や自身のまつげの負担を減らせるものがあります。洗顔は限られたり月一で交換など少しデメリットも当然あるようですが、大きなメリットをもたらしてくれます。また、栄養不足や汗、涙、ストレスでも抜け毛は増えると言います。まつげ専用の美容液もありますが、それでは根本的な解決に辿り着けるとは言えません。本当に重要なことは、日々の睡眠、食事の栄養バランスなどの生活習慣を見直し、自分のまつげをしっかりと育つ環境をつくり大切に扱うことが、結果的に良いまつげを育てることにもつながります。